プラモデル・鉄道模型Nゲージレイアウト・ジオラマなど模型・ホビー用LEDパーツ販売店 マイクラフト
鉄道模型レイアウト・ジオラマやプラモデルをはじめ、建築模型・ドールハウス・ミニチュアなど、模型・ホビーのためのLEDパーツ!

プラモデル・鉄道模型Nゲージレイアウト・ジオラマなど、模型用LEDユニット マイクラフト
ゆらぎ・点滅・花火・ホタルなど、新商品miniコントローラ

全LEDパーツ販売中!

LEDパーツこちらでお買い求めいただけます。
マイクラフト Yahoo店はこちら!

コンテンツ

メイン商品
  チップ型LED
  チップ型3連LED
  チップ型5連LED
  丸型5mmLED
  丸型3mmLED
  コントローラ
  マイコンコントローラ
  miniシリーズ
  タイニィコントローラ
  インラインコントローラ
  電源
  サポートパーツ
  ハンダ付配線パーツ
  素材
使い方・選び方
  LEDランプの光らせ方
  LEDランプの種類と特徴
  パーツの種類と解説
  LEDランプの選び方
  miniシリーズの使い方
会社概要
  マイクラフトについて
  お問い合わせ

鉄道模型Nゲージレイアウト 夜景演出製作例はこちら!
鉄道模型Nゲージレイアウトの夜景演出製作例をご紹介!
夜景紹介編
ストラクチャー編
Nゲージミニジオラマ編
ミニジオラマ蛍の光編
ミニチュア・情景小物編
Nゲージミニカー編
バス・トラック編
1/24 自動車模型(パトカー)電飾例はこちら!
1/24 プラモデル 200クラウンパトカーLED電飾例をご紹介!

LEDパーツこちらでお買い求めいただけます。
商品はすべてマイクラフトYahoo店でご購入いただけます!



株式会社マイクラフト
株式会社マイクラフト

超小型LEDでホタルの光をリアルに再現!

お部屋の小さなスペースに飾って楽しめるミニジオラマで、極小LEDによる「ホタルの光」をちりばめて、幻想的で静かな空間を演出してみました。

「蛍の光(フェードイン・アウト)」は、常時点灯用の通常LEDパーツ同様、初心者の方・電気の知識のない方でも簡単に使えます!
本物の蛍は清流の流れるごく限られた所でしか見られないと言いますが、極小LEDの光で、 幻想的な「蛍の光」をぜひお手元で再現してみてください!

ひとつひとつの「ホタルの光」が、別々のタイミングでゆったりとリアルに明滅します。 ついうっとり眺めていると、しばらく時を忘れてしまいます。

【 1 】蛍の光のために使用したLEDパーツ

チップ型LEDランプ

チップ型LEDランプ
インラインコントローラ【フェードイン・アウト4本用】
インラインコントローラ
【フェードイン・アウト4本用】
タイニィコントローラ4P【常時点灯4本用】
タイニィコントローラ4P
【常時点灯4本用】



模型・ホビー・クラフト用LEDランプの使い方
各パーツを上図のようにコネクタでつなぐだけでOK!タイニィコントローラのスイッチを入れれば、LEDが「蛍の光(フェードイン・アウト)」 の効果で光りだします!

今回の製作例では、タイニィコントローラ4P(常時点灯4本用)の各コードにそれぞれインラインコントローラを使用して、
4×4=計16本のLEDランプを「蛍の光」の効果にして使用しました。

上記の使い方はあくまで一例です。インラインコントローラは、タイニィコントローラ4Pのほか、 コントローラ8pm(常時点灯8本用)やコントローラ16pm(常時点灯16本用)、ボタン電池ケース等にも組み合わせて使用できます。

また、LEDランプは、当店販売のコネクタ付LEDランプの中から好きなものを選んで、自由に組み合わせて使えます。
※この製作例で使用しているチップ型LEDのほか、 丸型3mmLED丸型5mmLEDチップ型3連LEDチップ型5連LED まで、すべて組合わせ自由!

建物の照明と電車の室内灯は、もう1個用意したタイニィコントローラ4P(常時点灯4本用)を使用して、チップ型LEDランプの電球色(超高輝度) で照明しています。

●Nゲージミニジオラマ「蛍の見られる小川」の全体の構成

ベースサイズ約25×45cmのNスケールミニジオラマ。川を中心に、茂みや木々を多く配置したシンプルな構成です。

全体の構成2

●蛍の光や宿の様子

蛍の光にはチップ型LEDランプ 緑(中輝度)を使用しています。 このLEDは、やや黄色味がかった黄緑色の発光色なので、他の緑色LEDよりも実際の蛍の光の色に近いと思います。

清流とホタルの様子1
橋の上から見た川の様子。「蛍」が見られる川ということなので、あまり多くの人々が踏み入らないような場所にある、 きれいで澄んだ川ということを意識して製作しました。

実際の光る様子は、下の動画でご覧ください。画像の三角のボタンを押すと、動画(you tube)が再生されます。

「蛍の光」は、すでに完成済みのジオラマやレイアウトにもすぐに取り入れることができます。 極小LEDによる幻想的な「蛍の光」を、ぜひお手元で再現してみてください!

清流とホタルの様子2
橋の下から。

実際の光る様子は、下の動画でご覧ください。画像の三角のボタンを押すと、動画(you tube)が再生されます。

ひとつひとつの「蛍の光」が、別々のタイミングでゆったりとリアルに明滅する様子は、 ついうっとり眺めていると、しばらく時を忘れてしまいます。

清流とホタルの様子3
LEDの光は、そのままの明るさだと光が強く(大きく)、Nゲージ(1/150)にはオーバースケールでしたので、LED調光器を使用して 光をかなり弱く(小さく)なるように調節しています。

宿の電飾の様子1
宿の照明にはチップ型LEDランプ(電球色)ロングサイズを使用しています。

宿の電飾の様子2
宿の入り口(玄関)の部分にも、チップ型LEDランプ(電球色)ロングサイズを使用しています。
このような、建物玄関部分や街灯などにも細かくLEDを配置すると、より雰囲気が出せます。

宿の電飾の様子2
「今年も蛍が見られる季節になったなぁ・・・」静かで穏やかな里山の夏の夕暮れ。
お手持ちのジオラマで、幻想的な蛍の演出に、ゆったりと癒されてみてはいかがでしょうか。

⇒ このページの上に戻る

⇒ 鉄道模型Nゲージジオラマ 夜景製作特集 トップへ

⇒ 【 ストラクチャーの電飾例編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニレイアウト 夜景紹介編 】へ
⇒ 【 レイアウトへのLED組込み編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニジオラマ 夏祭り 編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニジオラマ 蛍の光 編 】へ
⇒ 【 ミニチュア・情景小物のLED電飾編 】へ
⇒ 【 NゲージミニカーのLED回転灯電飾編 】へ
⇒ 【 Nゲージバス・トラックへのLED電飾編 】へ

⇒ マイクラフト HOMEへ

ミニジオラマ「蛍の見られる小川」製作過程のご紹介

初心者の方のために、ミニジオラマ「蛍の見られる小川」の製作の流れをご紹介。

ミニジオラマは、比較的短期間に集中的に製作して完成させられるので、お子さん(お孫さん)の夏の自由研究(自由課題) などに選んで、一緒に製作を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。
本作例も1〜2週間で完成させたシンプルなもので、材料も安価なもの・一般的なもの(入手しやすいもの)を使用しています。 LED電飾についても難しいところはありませんので、ぜひLED電飾にも挑戦してみてください。

一番大変でもあり楽しくもあるのが、どんなジオラマを作るのかテーマ決め、イメージを具体的に頭の中で作り上げる段階です。 本製作例は、あくまでも一例ですが、少しでもご参考となれば幸いです。

ジオラマベースを作り、発泡スチロールで川の形を作る。
最初に板材で簡単なジオラマベースを作ったあと、発泡スチロールを重ねて張りつけ、カッターで削って川と谷の形を作っていきます。

ジオラマ用ベース板は、模型店などで良いものがありますが、安価な百円ショップで売っている板材を使用しています。 発泡スチロールも同様に百円ショップで手に入るものを使っています。カッターでカットする際、ゴミがたくさん出ますので、 製作のしやすさを重視するなら、少し高価になりますがスタイロフォームを使うのが一般的です。
粘土で地形を整える。
発泡スチロールの上に、薄く伸ばしながら粘土を塗りつけていき、地形を整えます(もちろんプラスターでも良いと思います)。 粘土は、きめ細かく質の良いジオラマ用の石粉粘土を使いました。

※発泡スチロールの上にそのまま粘土を塗りつけると、うまく粘土が乗らないので、ボンド水で湿らせた薄いガーゼやティッシュなど を貼り付けて乾燥後、その上から粘土を塗っていきました。
全体の下地を塗装。
全体の下地となる色を塗っていきます。アクリル塗料のフラットアース・バフ・デザートイエロー・ミディアムグレイ 等を適当に混ぜたものを大雑把に塗っていきます。後ほどパウダーやターフなどでほとんど地面は隠れてしまうので大胆にいきます。
川の色を塗装。
次に川の色を塗っていきます。川は地面と違い、(本作例では)下地の色が後でそのまま残るように作りますので、 慎重に決めた色を使いました。

川は、空の青色や周りの木々の緑を反映した色となりますのでブルー系・グリーン系・グレー系の色を混ぜ合わせて作りました。 流れや深さを意識して、色の濃い部分、淡い部分と、調子を変えて塗っています。
グロスポリマーメディウムで水面を表現。
川の水面を表現するために、リキテックスのグロスポリマーメディウムを流していきます。乳白色ですが、乾燥すると完全に透明になり 下地の色がそのまま反映されます。
ジェルメディウムで波頭を表現。
水面の波を表現していきます。部分的にリキテックスのジェルメディウムを筆で塗り、乾燥後ホワイト系塗料で波頭を表現。
※ジェルメディウムも乳白色ですが、乾燥すると完全に透明になります。

小石は、モーリン社製のRストーン川石(渓谷用)等ありますが、浜辺や川原などで適当に拾い集めてきたものを使用しても良いと思います。
地面の製作1_パウダー・ターフを撒く。
地面全体の下地として、パウダーやターフを撒いていきます。 トミックスのカラーパウダー(ライトブラウン・ライトグリーン)・カトーのターフ(緑褐色)を使用しています。
※接着には薄めたボンド水を使用しています。
地面の製作2_コースターフを撒く。
緑化を進めます。今回はスポンジ系素材だけを使って行いました。 林や茂みとなる部分にはパウダーやターフを撒いた後、カトーのコースターフ(明緑色・緑色)を使用しています。

さらに、部分的にフォーリッジクラスター(明緑色・緑色)でアクセントをつけています。
樹木の製作
樹木を植えていきます。

※樹木はカトーの樹木キット(広葉樹(小))とトミーテックのタケ等を使用しました。 トミーテックのタケは、付属のフォリーッジを使うと、あとでぼろぼろと葉が取れてしまいやすいので、 竹の葉にはコースターフ(緑色)を使用しました。お困りの方はこの方法お勧めです。
ディテールを整える
それらしい雰囲気になるまで、少しずつ緑化を進めディテールを整えていきます。

橋は、あらかじめ塗装・ウェザリングを行ってから設置しています。
全体の緑化
全体の緑化が終わったところで、LED組み込みを行います。 今回は、かなり後半になってからLED組み込みに入りましたが、もっと早い段階から緑化などと並行して行っても良いです。
トミーテック 温泉宿CにLED照明を入れる。
宿の建物(ジオコレ)にLED照明を入れます。使用するLEDランプは、 チップ型LEDランプ(電球色)ロングサイズを3本。1本は入り口玄関部分に取り付けます。
ストラクチャーの遮光処理
建物内部の照明は、そのままの状態で電飾しますと、ストラクチャーによってはLEDの光が壁を透けてしまい、 全体が発光してしまいますので、遮光処理を行います(ジオコレは特に光が透けやすいです)。

パーツを分解し、窓のパーツも取り外してから、外壁と屋根パーツの内側全体に暗めの塗料で厚めに塗装します。 今回はアクリル塗料(レッドブラウン)を使用しました。

※遮光処理について詳しくは、レイアウトへのLED組込み編「遮光処理について」をご覧ください。
LEDを組み込んで点灯チェック
組み直してから、LEDランプを屋根の内側部分と、入り口玄関部分に取り付けて点灯をチェック。
良い感じに電飾できましたので、ジオラマ上に設置します。
LEDランプのコネクタを通す穴を開ける。
建物を置くスペースにLEDランプのコネクタを通す穴を開けます。穴を通してコネクタをベース裏へ回り込ませたら 建物を固定(建物付属のベースパーツは使っていません)。ベース裏でタイニィコントローラ4Pのコネクタにつないで スイッチを入れればLEDが点灯します。

同じようにして電車にも室内照明を入れます。
ホタルの光に使うLEDランプを通す穴を開ける。
次に、いよいよ蛍の光に使うチップ型LEDランプ 緑(中輝度)を取り付けていきます。
建物の時とは違い、コネクタを通せる大きな穴ではなく、「チップLEDだけ」をベース裏側から通せる程度の小さな穴(直径2mm程度)を、蛍を配置したい場所 の近くに空けます。

チップLEDをベース裏側から通して、川沿いの茂みなどの部分に接着剤で固定していきます。LEDはリード線部分に接着剤をつけて固定しました (直接LEDに接着剤をつけて固定しても構いません)。
ホタルの光に使うLEDランプを固定していきます。
蛍の光をどんどん取り付けていきます。点灯させた状態で光をチェックしながらやるといいと思います。

LEDを固定した後、露出しているリード線部分の上にフォーリッジクラスターやコースターフを被せるように接着すると、 リード線がまったく外側から見えないように隠すことができます。
人物フィギュアなどを固定していきます。
最後に人物のフィギュアなどの小物を固定します。

※ここでは行っていませんが、この後ジオラマの側面に化粧板を貼り付け見栄えを整えて完成です。
ベース裏で配線を整え点灯。
ベース裏側でLEDランプのコネクタをそれぞれインラインコントローラにつなぎタイニィコントローラ4Pのスイッチを入れれば LEDが「蛍の光(フェードイン・アウト)」の効果で点灯します。

※Nゲージスケールの場合、そのままの光ですと少し光が大きく、オーバースケールになるので、 できればLED調光器で光を弱めると、光が小さくちょうど良い感じになります。
LED調光器は、タイニィコントローラ4Pのコードとインラインコントローラのコードの中間に差し込めば、LED4本いっぺんに調光できます。

Nゲージミニジオラマ 「蛍の見られる小川」完成
「蛍の光(フェードイン・アウト)」は、すでに完成済みのジオラマにも簡単に取り入れることができますので、ぜひリアルにゆったりと明滅する 幻想的な蛍の光でジオラマにアクセントをつけて楽しんでみてください!つい人に見せたくなってしまう感動があると思います!

ぜひお手持ちのジオラマにも「蛍の光」を取り入れて、幻想的な光の演出にゆったりと癒されてみてください!

●Nゲージミニジオラマ「蛍の見られる小川」で使用したLEDパーツ●
チップ型LEDランプ 緑(中輝度)(蛍の光に使用)
チップ型LEDランプ 電球色(超高輝度)ロングサイズ(建物・電車に使用)
インラインコントローラ【フェードイン・アウト4本用】(LEDを蛍の光で光らせる中間ユニット)
2分岐ハーネス
インラインLED調光器(蛍の光の強さを調節するのに使用)
タイニィコントローラ4P(LED常時点灯4本用の電源)
すべて初心者の方・電気の知識のない方でも簡単に使えるLEDパーツです。

⇒ このページの上に戻る

●電気の知識がなくても、初心者でも、LED電飾は簡単に楽しめる!● コネクタ付LEDランプシリーズは、初心者の方・電気の知識がない方でも簡単に使えます。
建物照明なども、とにかく簡単にできるので、まだLEDライトアップを試したことない方も、ぜひ夜景製作にトライしてみてください!
きっと想像以上に魅力的な夜景ジオラマ・レイアウトを楽しめると思います!!

⇒ 鉄道模型Nゲージジオラマ 夜景製作特集 トップへ

⇒ 【 ストラクチャーの電飾例編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニレイアウト 夜景紹介編 】へ
⇒ 【 レイアウトへのLED組込み編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニジオラマ 夏祭り 編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニジオラマ 蛍の光 編 】へ
⇒ 【 ミニチュア・情景小物のLED電飾編 】へ
⇒ 【 NゲージミニカーのLED回転灯電飾編 】へ
⇒ 【 Nゲージバス・トラックへのLED電飾編 】へ

⇒ マイクラフト HOMEへ

模型・クラフト用LEDランプの使い方

● LEDの種類 ●

LEDは、安心&長寿命の日本製を中心に、すべて高品質のものだけを使用しています。

チップ型LEDランプ
チップ型LEDランプ
丸型3mmLEDランプ
丸型3mmLEDランプ
丸型5mmLEDランプ
丸型5mmLEDランプ

コネクタ付LEDランプは、大きく分けて上の3種類のタイプに分かれます。それぞれ発光色の種類も豊富です。 好きなLEDランプを選んで、コントローラまたはボタン電池ケースなどにつないで点灯させます。
※チップ型LEDランプは、1本の線に3つまたは5つのLEDが連続でつながっている、3連・5連タイプもあります。

● LED点灯方法は3種類から選べます ●

【コントローラを使う場合】
コントローラを使う場合
鉄道模型レイアウト・ジオラマなど、たくさんのLEDを使った本格的な電飾におすすめの方法です。
※LEDランプは、すべての種類・発光色の中から使いたいものを自由に組み合わせて使えます。

【タイニィコントローラを使う場合】
タイニィコントローラを使う場合
タイニィコントローラは、LED点灯用回路を搭載した電池ケースですので、別途電源等は必要ありません。 使いたいLEDランプとつなぐだけでOK!(単3電池2本を使います)
※LEDランプは、すべての種類・発光色の中から使いたいものを自由に組み合わせて使えます。

【ボタン電池ケースを使う場合】 ボタン電池ケースを使う場合
模型・プラモデルの狭いスペースに直接組込んで使える超小型電源。好きなLEDランプとつなぐだけでOK! (市販のリチウムボタン電池1個を使います)

● カスタム用サポートパーツ ●

他にも、LEDランプの配線を延長できる延長ハーネスや、つなぐLEDランプの本数を増やせる 2分岐ハーネス3分岐ハーネス、 LEDの光の強さを調節できるLED調光器など、用途に合わせてカスタムできる サポートパーツも充実。

ミニジオラマの照明に使用したパーツとおすすめ

チップLED 白(超高輝度)
ロングサイズ
チップLED 電球色(超高輝度)
ロングサイズ
チップLED 赤(高輝度)
ロングサイズ
チップLED 赤(超高輝度)
ロングサイズ
チップLED 橙
ロングサイズ
チップLED 黄(高輝度)
ロングサイズ
チップLED 緑(高輝度)
ロングサイズ
チップLED 青(高輝度)
ロングサイズ
チップLED3連 白(超高輝度)
ロングサイズ
チップLED5連 白(超高輝度)
ロングサイズ
チップLED3連 電球色(超高輝度)
ロングサイズ
チップLED5連 電球色(超高輝度)
ロングサイズ
丸型3mmLED 白(高輝度)
ロングサイズ
丸型3mmLED 電球色(暖色)
ロングサイズ
丸型5mmLED 白(広角) 丸型5mmLED 電球色(広角)
ボタン電池ケース
【CR1220用 スイッチ付】
ボタン電池ケース
【CR2032用 スイッチ付】
インラインコントローラ
【フェードイン・アウト4本用】
インラインコントローラ
【ゆらぎ4本用】
インラインコントローラ
【回転灯2本用】
インラインコントローラ
【回転灯4本用】
タイニィコントローラ
【常時点灯4本用】
タイニィコントローラ
【ゆらぎ4本用】
コントローラ8pm
【常時点灯8本用】
コントローラ16pm
【常時点灯16本用】
ACアダプタ
【変換プラグコード付属】
電池ケース
【単3×3本 スイッチ付】

⇒ 鉄道模型Nゲージジオラマ 夜景製作特集 トップへ

⇒ 【 ストラクチャーの電飾例編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニレイアウト 夜景紹介編 】へ
⇒ 【 レイアウトへのLED組込み編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニジオラマ 夏祭り 編 】へ
⇒ 【 Nゲージミニジオラマ 蛍の光 編 】へ
⇒ 【 ミニチュア・情景小物のLED電飾編 】へ
⇒ 【 NゲージミニカーのLED回転灯電飾編 】へ
⇒ 【 Nゲージバス・トラックへのLED電飾編 】へ

⇒ マイクラフト HOMEへ

★ 鉄道模型レイアウト・鉄道ジオラマにおすすめのLEDパーツ★

コネクタ付チップLED
コネクタ付3mmLED
コネクタ付5mmLEDランプ
コントローラ
タイニィコントローラ
電源

LEDパーツ全品こちらでお買い求めいただけます。
模型用LEDパーツのお求めは「マイクラフト Yahoo!店」へ!